害獣による被害

駆除

近年、日本では大都心を中心に、ねずみを中心とした害獣によう被害が多くなってきています。
それにより、ねずみ駆除や害獣駆除の動きも大きくなってきています。

害獣被害多くはねずみによる被害が多く、寒さに弱いねずみは屋内に進入することが多くあります。
しかし人前に姿を現すことはあまりないため、発見することが困難とされています。
そのため、手がかりとなるのは糞や足跡、体毛などやにおい、鳴き声などになります。

また、ねずみは歯を研ぐ習性があり、石けんや電気のコードなど、何でも歯を研いでしまうため、火事の原因になることも多くあります。

さらに被害が多いとされている大都心に現れる害獣はとくに警戒心が強く、学習能力も高いことがわかっています。
なので毒エサや罠を察知するので、それにきちんと対応していく必要があります。

ねずみの他にも、害獣にはハクビシンやイタチ、もぐら、リスなどがあげられます。

これらの害獣をきちんと駆除するための一番の対策法としては、建物の構造の見直しが効果的とされています。

そこでこのサイトでは、害獣を代表してねずみ、ハクビシンの習性や、その被害、そしてそれを助けてくれる業者についてご紹介します。